先天性代謝異常等検査

[概要]

生後4日から6日までの新生児を対象として、フェニルケトン尿症等の先天性代謝異常や先天性甲状腺機能低下症(クレチン症)などの内分泌疾患を早期に発見するために、先天性代謝異常等検査を行っています。
これらの疾患を早期に発見し、適切な治療を続ければ、障害などの発生を未然に防ぐことができます。

[手続きなど詳しくは]

「先天性代謝異常等検査/親子の健康づくり情報(倉敷市サイト)」をご覧ください。

先天性代謝異常等検査/親子の健康づくり情報(倉敷市サイト)

子育て応援情報

「あのねっと!」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内