税の控除・自動車税などの減免

[概要]

心身に障がいがある人、控除対象配偶者・扶養親族のうちに障がい者がいる場合は、障がいの状況などによって、所得税、市県民税などの控除が受けられます。
また、申告によって自動車税、軽自動車税および自動車取得税の減免が受けられる場合があります。

<障がい者控除について>
介護保険の要介護認定を受けている方が、身体障がい者手帳を持っていなくても、障がいの程度が「身体障がい者に準ずるもの」として福祉事務所長から認定されれば、市県民税や所得税の障がい者控除の対象となり、税額が軽減される場合があります。

[支給内容]

税額を計算する際に、以下の金額が所得金額から差し引かれます。

<個人市県民税の控除額>
●一般(※1):26万円
●特別障がい者(※2):30万円 
●同居特別障がい者(※3):53万円

障がい者控除の対象となったご本人の前年中の合計所得金額が125万円以下の場合は非課税となります。

<所得税の控除額>
●一般(※1):27万円
●特別障がい者(※2):40万円 
●同居特別障がい者(※3):75万円

※1 一般:身体障がい者手帳3級以下、療育手帳B、精神障がい者保健福祉手帳2級以下など
※2 特別障がい者:身体障がい者手帳2級以上、療育手帳A、精神障がい者保健福祉手帳1級など
※3 同居特別障がい者:特別障がい者である控除対象配偶者または扶養親族が同居の場合

[対象者]

心身に障がいがある人、控除対象配偶者・扶養親族のうちに障がい者がいる人

[申請できる人]

対象となる方ご本人、または保護者の方

[申請期日]

各税務署、本庁市民税課までお問い合わせください。

倉敷税務署(電話 086-422-1201)
児島税務署(電話 086-472-2630)
玉島税務署(電話 086-522-3121)
市民税課(電話 086-426-3181)

子育て応援情報

「あのねっと!」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内