産後ケア事業

[概要]

出産という大事業をなしとげ、やっと両手に抱くことができた赤ちゃん。入院中とは違って、退院後は赤ちゃんのお世話に大変な毎日だと思います。
一生懸命やっているのに、不安になったり、ゆううつな気分になったりと悩むことはありませんか?また、授乳や沐浴など育児についての不安はありませんか?そのような時にひとりで悩まず「産後ケア事業」をご利用ください。
産婦人科医療機関・助産所へ宿泊又は日帰りで入所して、助産師の指導やケアを受けることができます。

<利用施設>
下記項目[手続きなど詳しくは]の「産後ケア事業/親子の健康づくり情報(倉敷市サイト)」でご確認ください。

<利用できる日数>
宿泊産後ケア   最長7日間(7泊8日)まで
日帰り産後ケア  最長5日まで
※宿泊と日帰り両方利用することも可能です。

[対象者]

出産後、退院したお母さんと赤ちゃん(1か月以内)で次のような不安や悩みのある人
(1)産後1か月以内のお母さんで体の回復に不安がある人
(2)育児(授乳や沐浴など)の指導を希望する人
(3)産後の休養や栄養(乳房の手当てなど)に不安がある人

[申請できる人]

対象となる方ご本人またはご家族の方

[支給内容]

宿泊産後ケア   1日(1泊2日)9000円
日帰り産後ケア  1日3500円
利用者は施設の利用料金から市の助成額を差し引いた額を施設へ支払います。
ただし、市民税均等割額以下の世帯の方や生活保護世帯の方は市の助成額の増額の申請ができます。
※1日あたりの利用料金は、施設によって異なります。必ず事前に利用施設を確認してください。

[申請期日]

随時

[手続きなど詳しくは]

「産後ケア事業/親子の健康づくり情報(倉敷市サイト)」をご覧ください。

産後ケア事業/親子の健康づくり情報(倉敷市サイト)

子育て応援情報

「あのねっと!」をシェアしよう
  • つぶやく

広告

  • 広告掲載のご案内